アサギマダラとコスモス 福岡市植物園(2021年10月14日)

福岡市植物園のアサギマダラの写真

福岡市植物園でアサギマダラと遭遇。羽根の模様の美しい蝶がいたので自宅に戻ってから福岡市植物園のホームページをチェック。何と「旅する蝶」として知られているアサギマダラだった。もっと粘って、色んな角度から撮影するのだったと反省。出逢ったのは、植物園入口広場のコスモスの咲いている花壇左横のフジバカマのエリア。(福岡市)

<福岡市植物園のホームページから引用>
アサギマダラは,夏の暑い時期は本州の高地帯で生活をし,冬は沖縄などの温暖な地域に南下をする渡りの蝶として知られています。この時期に福岡市植物園のフジバカマで休憩したのちに,さらに,南の島に向かって南下していきます。

■関連記事へのリンク

福岡市植物園の概要と地図を見る

福岡市植物園での撮影一覧を見る

「コスモス」の撮影一覧を見る

<福岡市植物園のアサギマダラ・コスモス~写真ギャラリー>
 「花の時間」トップページへ 

アサギマダラとコスモス 福岡市植物園(2021年10月14日)” に対して2件のコメントがあります。

  1. 小野木裕介 より:

    「アサギマダラと言えば、フジバカマ」ということで、この組み合わせを写真に収めたい
    ファンが多いです。
    最近は「鬼滅の刃」の影響で、余計に人気が増したように思います。
    優雅なアサギマダラと風情あるフジバカマ、やっぱりいい組み合わせですね。

    1. hana-time より:

      アサギマダラが撮れたのは幸運でした。写真を撮っているときは蝶の動きを追いかけるのに夢中で、蝶の姿・形や羽の動きに意識を集中させており、羽の模様が他の蝶と違うことはあまり意識していませんでした。撮った写真を見て違いに気づき、調べたらアサギマダラでした。鬼滅の刃は先日の連続放送で初めて見ましたが、胡蝶しのぶの「蝶屋敷」で飛んでいたのはアサギマダラだったんですね。次回チャンスがあれば、よく観察しながら撮ってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です