季節の花 筥崎宮・花庭園(2021年4月6日)

筥崎宮花庭園の雪もち草の写真
花庭園に不思議な形をした植物が

筥崎宮花庭園の楽しさは、メインの花だけでなくいろんな季節の花が楽しめるところ。4月は牡丹と花筏(はないかだ)を楽しみに例年出かけているのだが、今年は「雪もち草」という不思議な形をした植物に出会うことができた。見れば見るほど、不思議な形をしている。(トップの写真)(福岡市)

■関連記事へのリンク

筥崎宮花庭園の概要と地図を見る

筥崎宮花庭園での撮影一覧を見る

「季節の花」の撮影一覧を見る

 
<筥崎宮花庭園の季節の花~写真ギャラリー>
<花の名前>(掲載順)

1.雪もち草、2~4.鯛釣り草(ケマンソウ)、5~7.ヒメウツギ、8~10.花筏(はないかだ)、11.花菱草、12.ヒメキンセンカ、13.山吹草、14.ネモフィラ、15~18.もみじ、19.大手まり、20.小手まり(八重咲き)、21.モッコウバラ、22.チューリップ(ペパーミントスティック)、23.シャクナゲ、24.白花マンサク、25.オトコヨウゾメ、26.ドウダンツツジ

※花の名前は、花庭園でネームプレートのあったものはそれに基づいています。なかったものはサイト管理人のつたない知識をもとに記載しています。誤りがあればご教示下さい。

 「花の時間」トップページへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です