博多祇園山笠 三番山笠 土居流(2019年)

舁き山笠を奉納。公開場所は、地下鉄・呉服町駅から徒歩7分、西鉄バス・博多五町バス停から徒歩1分ほど。(下記の地図参照)

 舁き山笠 
標題:武藏坊辯慶
(むさしぼうべんけい)

人形師:中村 弘峰

<標題の説明>

平安末期、紀伊の国出身と言われているが、多くのことが謎に包まれている豪傑、武蔵坊弁慶。標題は、江戸期に多く描かれた浮世絵に着想を得ているため、旧字表記とした。弁慶は京で千本の太刀を奪おうと悲願を立てる。弁慶は道行く人を襲い、通りかかった帯刀の武者と決闘して九百九十九本まで集めたが、あと一本というところで、五条大橋で笛を吹きつつ通りすがる義経(牛若丸)と出会う。 続きを読む


決闘に敗れた弁慶はその後家来となり、義経を生涯命をかけて守り抜こうとする。鬼子と呼ばれた弁慶が義経と出会うことで人生が変わり、忠義の臣として後世に語り継がれる活躍をしたことは決して昔話の中だけにとどまることではない。人と人の運命的な出会いの話と捉えれば現代の私たちにも多く思い当たる所があるだろう。出会いの妙こそ人生の妙。本年の博多祇園山笠を通しても、この地に多くの素晴らしい出会いが生まれることを祈念したい。
<写真ギャラリー>

 

博多祇園山笠2019トップページへ

 

博多祇園山笠2018トップページへ

 

 「花の時間」トップページへ 

 

 

< 地 図 >