十二番山笠 博多リバレイン

複合商業施設「博多リバレイン」前で公開。毎年、表か見送りのどちらかのテーマを歌舞伎の演目としている。

 飾り山笠 

< 表 > 標題:蒙古襲来博多湾
(もうこしゅうらいはかたわん)

人形師:生野四郎

<標題の説明>
蒙古襲来(元寇)とは、鎌倉時代に元軍によって二度にわたり行われた対日本侵攻。
一度目(1274年)を文永の役、二度目(1281年)を弘安の役という。
博多湾沿岸一帯には襲来に備えて防塁が築かれ、弘安の役の際には元軍は一切博多に上陸することが出来なかった。この防塁によって博多は守られ、現在の博多が存在する。防塁は昭和六年に国の史跡に指定された。

<写真ギャラリー>

 

<見送り> 標題:神話稲羽之白兎
(しんわいなばのしろうさぎ)

人形師:生野四郎

<標題の説明>
うさぎは、騙したサメを怒らせ皮を剝がされてしまい泣いていました。そこを通りかかった大国主神に助けられとても感謝し、『あなた様は必ずや八上比売(やかみひめ)と結ばれることでしょう。』と申し上げ、そのとおりになりました。

<写真ギャラリー>

 

 山笠一覧に戻る 

< 地 図 >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です