番外 櫛田神社

博多総鎮守・櫛田神社の境内で公開されている飾り山笠。ほとんどの飾り山笠は山笠期間が終わると解体されるが、櫛田神社の飾り山笠は一年中公開されている。

 飾り山笠 

< 表 > 標題:日本武尊征熊襲
(やまとたけるのみことくまそをうつ)

人形師:川﨑修一

<標題の説明>
景行天皇の皇子である小碓尊(おうすのみこと)は、父の命を受けて朝廷に従わない西方の豪族である熊襲(くまそ)(現熊本県人吉市周辺から現鹿児島県霧島市周辺)の魁輸(ひとこのかみ)(首長の意)・川上梟師(かわかみのたける)の征討に向かいました。
その時、小碓尊は「わたしは弓を射るのが上手い人を得て、一緒に行きたいと思っている。どこかに弓を射るのが上手い人はいないものか。」と言いました。するとある人が、続きを読む

「美濃国(現岐阜県南部)に弓を射るのが上手い人がいます。その人の名を弟彦公(おとひこのきみ)と言います。」と答えました。小碓尊に呼び寄せられた弟彦公は小碓尊に従い、共に熊襲に向かいました。
小碓尊は叔母の倭姫命(やまとひめのみこと)から借りた衣装で女装し、川上梟師の屋敷へ潜入しました。
屋敷で行われる宴の席で、女装した小碓尊を気に入った川上梟師は、小碓尊を傍らに呼び、酒の相手をさせました。川上梟師の酔いがまわったところで小碓尊は懐から剣を取り出し、川上梟師の胸を突き刺しました。しかし川上梟師は息絶えることなく、どうか話を聞いてほしいと懇願しました。 川上梟師は「わたしはこの国で一番強かったので川上梟師(タケルは勇猛な者の意)と呼ばれたが、あなたほど強い人は初めてです。どうかこれからは日本武尊(やまとたけるのみこと)と御名乗り下さい。」と言いました。 これを承知した小碓尊は川上梟師を討ち取り、熊襲征討を終えました。 この飾り山笠は日本武尊の名前の由来となる熊襲征討の一場面です。
<写真ギャラリー>

 

<見送り> 標題:如水九州平定功
(じょすいきゅうしゅうへいていのいさおし)

人形師:室井聖太郎

<標題の説明>
天下統一を成し遂げた豊臣秀吉の没後、徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍に天下が分かれ、美濃国の関ヶ原にて両軍が激突します。
慶長5年(1600年)9月9日、黒田如水は中津城より九州の西軍に組する諸大名の征伐に向かいました。しかしながら黒田家の主力は当主の長政とともに家康の元におり、如水には百騎程度の寡兵しかありませんでした。続きを読む

しかも九州には小早川、龍造寺、鍋島、立花、秋月、島津…などといった屈強な大名等がひしめいており戦いは困難かと思われました。
それでも如水は出陣し、歴戦の手腕を遺憾無く発揮します。城攻めでは籠城している敵に討ち死にの覚悟を感じると矛を交えず周辺の支城を落とし、再び城を包囲し降伏させるなど勝利を重ねます。知略はもとより如水の節義の篤さは天下に轟いており、かの猛将、立花宗茂も如水相手ならと軍門に降るなど、怒濤の快進撃で気づけば万を超える兵力となり九州を席巻しました。 日本一の軍師で戦上手でありながらむやみに血を流す争いを嫌い、常に戦乱終息の為に戦う如水らしい戦ぶりであります。
関ヶ原の戦いはわずか一日で決着し、その旨が伝わると如水の九州平定も終わりを迎えましたが、戦いが長引けば時の世も変わっていたのではないかと一説には言われています。この飾り山笠は、信長、秀吉に仕え天下一の知恵者と謳われた如水が優れた知略と驚い人望を駆使し、縦横無尽に九州平定を成す場面であります。
<写真ギャラリー>

 

 山笠一覧に戻る 

< 地 図 >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です