六番山笠 東 流

舁き山笠と飾り山笠の2つを奉納。飾り山笠は呉服町ビジネスセンター前で公開。

 舁き山笠 

標題:思君慈母成鬼神
(きみをおもえばじぼもきしんとならん)

人形師:白水英章

<標題の説明>
意味 大切な人の為なら優しい母も鬼神になる
山笠事で城(家庭や家業)を留守にする男衆に代わりに、それを守る『ごりょんさん』に敬意を表します。
豊後・大友宗麟の一族で豊後鶴崎城城主・吉岡統増(むねます)の母で、夫は戦死しており、出家して『妙林尼』と称していました。天正十四年(一五七六年)、島津勢と大友勢との戦いに息子の統増は精鋭を率いて参戦します。その為、残ったのは老兵・農民・女子供だけです。
続きを読む


島津の分隊三千が鶴崎城を取り囲みます。降伏との意見が多い中、妙林尼が指揮を取り二八〇丁の鉄砲と鳴子・落とし穴・馬矢来などを駆使して撃退すること十六回。手を焼いた島津勢からの和睦提案を受け入れたと見せかけ何度も酒宴を開きます。その後、豊臣秀吉が九州攻めを開始したため、早朝に二日酔いで島津勢は撤退を開始。退路に伏兵を置き奇襲をかけ討ち取った武将の六十三首を大友宗麟に届け、報告を聞いた秀吉を驚愕させた人物です。
<写真ギャラリー>

 

 飾り山笠 

< 表 > 標題:桃太郎初陣
(ももたろうういじん)

人形師:白水英章

<標題の説明>
人の世の生き血を吸い、不埒な悪行三昧、醜いこの世の鬼たちを退治てくれよう桃太郎
現代社会に蔓延る不埒な輩の根絶を願います。

<写真ギャラリー>

 

<見送り> 標題:太閤町割縁
(たいこうまちわりのえにし)

人形師:室井聖太郎

<標題の説明>
延暦十六年(七九六年)の『続日本書紀』に『博多大津』と記され『土地博く、人・物多し』と都市形成を成していたとされます。
安土桃山時代まで自治都市として栄えましたが、戦火により荒廃。
九州征伐を終えた豊臣秀吉は一五八七年に博多の復興を構想。この区画整理事業は太閤町割りと呼ばれ、町筋ごとに『流』という集合体を形成させた。現代博多の基礎を築きました。
博多松囃子や博多祇園山笠といった大規模な祭事は今でもこの流単位で行われている。

<写真ギャラリー>

 

 山笠一覧に戻る 

< 地 図 >

※舁き山笠と飾り山笠は同じ場所で公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です