玉せせり(筥崎宮)

正月3日の筥崎宮。きのうの花庭園・冬ぼたんに続いて、今日は玉せせりの撮影にやってきた。
絵馬殿前での玉洗いの神事からスタートだが、玉せせりのコースにはすでに多くの人が並んでいた。

玉せせりの正式名は「玉取祭」。室町時代に始まったとされる神事。陸側と浜側とに分かれた締め込み姿の競り子たちが、勢い水を浴びながら木玉の争奪戦を行う。一年の吉凶を占う意味合いがあり、陸側が玉をあげれば豊作、浜側なら豊漁と云われているとのこと。

争奪した玉は最後に神社に奉納、博多祝い歌で締める。

・筥崎宮:玉取祭サイト

 

<写真ギャラリー(クリックで拡大)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です